塩にまつわる話

何故「塩」が大切なのか?~天然塩の働き

seijin_akachan2.gif

私たちの体内にある「海」天然塩は地球のエキス

今からおよそ35億年前、
地球最初の生命は海の中で誕生した。

人間の体はおよそ2/3が水分でできています。

細胞通過、血しょう水、細胞外液、細胞内液

全ての体液は0.85~0.9%の塩水で構成
体液⇔「古代の海水」     濃度が同じ

生命を育む「海」は体内にあった

古代の海水と同じ濃度 「羊水」
羊水は0.85~0.88%の塩水
生命誕生に関係するすべての元素が最適なバランスで含まれている。
この羊水に満たされた子宮内で人間の受精卵はわずか10ヶ月で数十億年の進化をします。
生命の誕生と進化を支える上で、このミネラルのバランスはものすごいエネルギーを発揮する力を秘めています。

お塩のマメ知識

  • 当社で取り扱う「3年熟成干潟天日塩」はアルカリ性です。世界ユネスコ生物圏保存地域に指定された韓国太平塩田で太陽と風だけでじっくりと3年間かけて熟成させたミネラルの豊富なお塩です。
  • 歯磨き後にお塩で歯茎をやさしくマッサージしましょう。歯槽膿漏の防止、口臭を防いでくれます。
  • 風邪を引きやすい季節には塩水でうがいをしましょう。塩の殺菌効果でウィルスの感染から粘膜を守ってくれます。
  • お肉料理には塩をすり込むことで脂肪分を中和し、肉質を柔らかくします。出汁をとる際など水に塩のミネラルが溶け込むことで導電性が高まり、素材の味を引き出す効果があります。
  • 睡眠前にコップ1杯の塩水を飲みましょう。夜中の脳梗塞や心筋梗塞を予防します。睡眠中も血液は循環しています。血液がドロドロにならないよう、睡眠前にはしっかり水分を補給しましょう。
  • お塩は骨粗しょう症の予防にもつながります。特に女性は閉経後に骨からのカルシウムの溶出が高まりますので、しっかりとミネラルを補って健康な身体の維持に努めましょう。

06-6201-2336